心鈴泉-心理学とカウンセリング

人間関係、恋愛、仕事の各シーンで使える心理学についての記事を記載しています。

人間関係

イライラしてる人との接し方

更新日:

旦那さんや恋人など身近な人がイライラしてると、こちらもイライラをもらいやすいです。身近な人にはどうしても甘えが出やすいので、イライラしてる人もそのイライラをぶつけてきやすい、というのがありますし、感情は共感するので、あえて相手がそういうことをやろうとしなくても、こちらが相手のイライラに反応してしまう、ということがあります。

また、身近な人というのは、どういう風に接すれば相手が嫌がるかも熟知していることがあるので、なんというか、こっちをイライラさせるのが上手い、という側面もあったりもします。心の中に、ここを押されると腹が立つ、というスイッチのようなものがあるとして、それを、あえて押したくなる心理のようなものが相手に目覚めた場合は、ちょっと厄介です。やる気スイッチならぬ、イライラスイッチ。さわるな危険。それをあえて押されてしまう、そんな感じのこともあるかもしれません。

 

イライラしてる人との距離感

イライラしてる人との接し方としては、自分がそのイライラに巻き込まれすぎないように、少し心理的に距離をとる、というのが有効だったりします。これは、向こうから距離をとってくる場合もあります。イライラしてる人も自分のことを少しほっといてもらいたい、という気持ちを持つことがありますし、そういうときに、ちょっとお互いに距離をとってクールダウンする、というのも有効です。

イライラしてる人の方から距離を取ろうとしてくる、というより、積極的にイライラをぶつけてくる、というケースもあります。自分自身の行動だったり、普段やっていることが原因で相手がイライラしている場合なんかは、むしろそうなりますが、この場合、イライラしてる人からの指摘に耳を傾けつつ、余計な言動はスルーする、というのがお勧めです。

当たり前ですが、相手からの指摘には耳を傾けないといけないです。100%言いなりになる必要はないのですが、自分が変えたほうがいい部分や、成長が求められている部分がある場合は、イライラしているのに対処する、というより、その本質的なことに目を向けることが求められてきます。ただ、イライラしてる人からの指摘の場合、そこに余計な言葉が盛られていることがあり、むしろそっちの方に気がとられてしまうことがあるので、本質的な部分に耳を傾けるためにも、この余計な言葉に関してはできるだけスルーした方が良いです。

 

イライラしてる人の心理

ここで忘れてはいけないのは、イライラしてる人がこちらに怒りをぶつけてくる場合、基本的に相手は自分に助けを求めてきている、という部分です。

助けてって言えない代わりに、こちらに対して批判的になったり、八つ当たりをしてきたり、いじわるなことを言ったりしてしまっているとしたら、そこにはイライラしてる人の未熟さだったり、弱さのようなものがあります。

イライラしてる人というのは、強そうな感じだったり、怖そうな感じに見えたりするかもしれませんが、基本的にイライラしてる人というのは、助けてもらいたい人です。本当は助けてもらいたいんだけれども、自分の弱い部分をさらしてしまうと、そこを利用されたり攻撃されるような気がしてしまい、それがあまりにも怖いから、自分は正しいって防御を張って周囲を攻撃している、というのがイライラしてる人です。

イライラしてる人の心理を少し掘り下げると、怒りが感情の蓋となっていて、その怒りの下に別の感情が隠れている、という感じになっています。怒りの下に隠れている感情には、イライラしてる人自身もあまり自覚していないことがありますが、例えば、わかってもらえていない、とか、大切にされていない、とか、罪悪感を感じている、なんていうケースもあります。他にも様々なものがありますが、基本的には心の中に抱えている痛みのような部分です。その痛みの部分を扱うのが怖いほどに、痛みは心の中で封印されがちになり、隠されている感情にイライラしてる人自身も無自覚になっていきますが、その代わりに、自分は正しい、自分には問題がない、周りが悪い、といったその感情を隠す思考が強くなります。痛みの感情に蓋をして隠す代わりに、怒りを表に出して周囲の人にぶつけるような感じになっているのが、イライラしてる人、の心の中で起きていることです。

この怒りの感情の取り扱い方について掘り下げて書いた記事がありますが、自分自身の心の中にあるイライラの扱い方を知りたい、という方はこちらをのぞいてみてくださいませ。

 

イライラしてる人とのコミュニケーション

旦那さんや恋人がイライラしているとして、その人と接するときに、実は、この人は私に助けをもとめているんだろうなあ、という部分を見て、そこに手を差し伸べる、という意識があると、表面的なイライラではなく、相手の弱さや未熟さを見て接することができるので、相手と一緒に同レベルでイライラするのではなく、より成熟した一面で相手と接することができるようになります。

イライラしてる人の心の中にある怒りが大きくて、心理的に距離をとるだの、余計な一言はスルーするだの言ってられないときは、相手の中にある助けてっていうメッセージをいかに汲み取るか、というのが大切になってきます。ただ、ここであえてちょっと楽しくない話をすると、イライラしてる人の助けを求めている部分を見て、自分はどうしたいと思うのか、ということはとても重要かもしれません。弱さや未熟さを抱えている相手。助けてあげたいでしょうか?

助けたいか助けたくないかでいくと、助けられるのなら助けたい、という答えになるかもしれませんが、助けを必要としているのにもかかわらず、こちらに防衛的な態度をとっていて、ときに攻撃をしかけてくる、というイライラしてる人のそれなりにめんどくさい部分に付き合う感じになりますので、わりとエネルギーが求められますが、それでもやりたいですか?、というのが問われてきます。

ここに踏み込むときには、表面的なイライラが気になったり、こちらの弱点をつつかれたりしても、その揺さぶりにはひっかからないで、あくまでイライラしてる人の助けを求めているシグナルに集中して、コミュニケーションをリードしていく、という感じになります。ご想像の通りわりと大変な感じですが、ここを乗り越えて相手と深く繋がることができると、相手との間により強い信頼関係が築けることになります。イライラをぶつけてこられたとき、というのは、ある意味では絆を深めるチャンス、と言えるかもしれません。

パートナーとのコミュニケーションで出てくる課題について書いた記事がいくつかあります。パートナーに変えてもらいたいところがあっても全然変わらなかったり、パートナーがそもそも話を聞いてくれない感じだったり、色々なパターンがあるかと思いますが、当てはまりそうなものがあれば、のぞいてみてもらえればと思います。

 

最後に

イライラしてる人と接するときに自分が感じるネガティブな感情は、自分の内面の弱さだったり、未成熟な部分が要因になっていることがほとんどです。ときに、勘弁してもらいたい、と思うこともあるかもしれませんが、そこには自分にとっても課題といえる部分が眠っていることがあります。

イライラしてる人と接するときというのは、ある意味では、こちらの成熟さを試されているとき、といえるかもしれませんね。

-人間関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ぞんざいに扱われているように感じるとき

家族や恋人や友人などから、あんまり大切に扱われていないように感じることはあるでしょうか? 適当というか、乱暴というか、いてもいなくても良いかのように扱われているというか、、、、何かぞんざいに扱われてい …

わかってもらって当たり前

  自分にとって身近な人や、何か甘えをぶつけ易い相手に対して、わかってくれて当たり前、という気持ちは出てきやすいものかもしれません。 ただ、この気持ちがあるときに、相手がいまいちわかっていな …

マウンティングしてくる相手

自分が言ったことを否定されたり、意見をかぶせるようなことを言われるとちょっと嫌な気分になりやすいものですが、自分に対してわりとそういうことをよくしてくる相手がいる場合、その人に対してちょっと思うところ …

周囲に気を使いすぎて疲れてしまったとき

  人付き合いの時に周囲に気を使いすぎて疲れてしまうようなことはあるでしょうか? 気の合う人同士との付き合いであれば、疲れるようなこともないかもしれませんが、あまり馴染めていない環境だったり …

善意を受け取りたくないんだけど断りきれない時

  相手が善意からしてくれることで、気持ちは嬉しいけれども、その行為自体はいらない、と感じるようなことはあるでしょうか? こちらを喜ばせようとしてやってくれていることでも、受け取るのに困るシ …

おすすめ記事



イライラしてる人との接し方

ぞんざいに扱われているように感じるとき

好きな人ができたときに知っておいてほしいこと

人の気持ちを試すようなことをしてしまう

親からの愛情が感じられないパターン

頑張っているのに人から責められてしまう

好きな人を忘れる方法

後悔を乗り越えていくための4つのステップ

一人で頑張ってしまいがちな人

人から評価されたくない

信じていた人に裏切られたとき

特別な存在になりたい、という気持ちの扱い方

ネガティブなことをよく言ってくる人

音信不通からの別れを今でも心の中に引きずっている

好意を持たれるのが気持ち悪く感じる時