職場にいる合わない人

投稿日:

職場にはいろんな人がいらっしゃると思います。非常に個性的な人だったり、あんまり自分を出さない人だったり、真面目な人だったり、飲み会になると元気になる人だったり、様々です。いろんなタイプの人たちとの人間関係がそこでは形成されて行くと思います。ただ、中には、自分に合う人もいれば、なんだか合わないなと感じる人もいるかもしれません。

自分の心の中で封印している要素がある場合、例えば、怒ることを自分に許していない場合、いつも怒ってばかりいるような人が苦手になることがあります。人に甘えることを自分に許していない場合、人に頼ってばかりいる人を見るとイライラしてしまうことがあります。なんだか合わないな、、、、ということの裏側に、その人がしていることで、自分が否定しているようなことがある場合は、自分が心の中で封印していることが原因で、苦手な人ができている、、、、なんていうことがあります。

仕事上あんまり関わりがないのであれば、特に気にならないかもしれませんが、もし、この苦手な感じをなんとかしたい、という場合には、自分の内側にある、この心の中で封印している部分に対してのケアを行うことで、その意識を変えて行くことができます。

その人のどんな部分が嫌でしょうか?
その人だけではなく、同じようなことをする人はだいたい苦手だな、と思えるようなところは、自分にとって、合わない、と感じる時の一つの基準のようなものになっているかもしれませんね。その基準に合致するようなことは、自分自身は避けたり、心の中で封印していることが多いと思います。

ただ、心の中で封印するというのは、苦手な人ができる、という以外にも、自分にとっての枠組みというか、許容範囲というか、受け取れるものを制限してしまう、といったことがあります。

例えば、怒る、ということは、できればしない方が良いことのように思えるかもしれません。ただ、怒るということを封印していると、怒らなきゃいけない時に怒れなくなったり、怒りを溜め込んでしまうことで犠牲的になったり、時に違う形で爆発してしまうこともあります。あくまで一つの例として、怒る、ということをあげましたが、自分にとって制限しているものがあることで、いろんな弊害が生まれてくるという一面があります。

ある意味では、合わない人、というのは、そういう一面に気づかせてくれる人、とも言えます。その人が自分に見せてくれることで、自分にとっても受け入れた方が良いのだろうな、と思えるような部分には、どんなものがあるでしょうか?

例えば、男性に媚びるような態度をとる女性がいたとして、見てるだけでイライラする、ということがあったとします。その場合、媚びるというのにはあまり価値がないように思えたとしても、男性に甘える、という部分は受け入れても良いかもしれないな、と思えるなら、その部分を受け入れようと意識する、という感じです。自分が合わないな、と感じる人の振る舞いをみて、ネガティブな評価を心の中でするだけではなく、価値があると思えるようなところで、取り入れても良いと思える部分を取り入れてみてください。

その人に価値を見た度合いだけ、あるいは、取り入れても良いと思える部分を見れた分だけ、自然とその人に対して持っている、合わないな、という感覚も少し薄れていく、ということもあります。職場にいる合わない人を見ていて、あ、自分にない良い部分も持っているかも、なんて思える場合には、ぜひ、その人から受け取れるものは、受け取っていく、ということを試していただければ、と思います。

ただ、もし、合わない人との人間関係で強いストレスを感じているような場合は、上記に書いたケースとはちょっと違う形で見てもらった方が良いかもしれません。日々を平和に過ごしたいと思っていても、気の合わない人のことでイライラするようなことが頻繁にあったり、ストレスを極端に強く感じるようなことがあるようであれば、朝、仕事にいきたくない気分になったり、場合によってはそこからの異動希望を会社に伝えたり、中には離職を検討される方もおられるかもしれない、なんて思っています。

そういう場合には、そういったストレスを減らすためには、その人と心理的に距離をとるということを考えた方が良いかもしれません。ストレスを減らすためには、嫌な出来事はためこまないで誰かに話す、自分に共感してくれる味方を作る、その人となるべく関わらない、その人のストレスのある部分のことを自分の中で「ああいう人だから」と割り切る、といったものが有効です。合わない人と心理的に距離を置くことができると、ちょっとでも心に余裕を生み出していくことができるようになります。その辺りについては、少し切り口は違いますが、嫌いな人がいる場合のことについて以前に書いた記事があります。参考になれば見てみてくださいませ。

 

関連記事

不安になっていつも彼に喧嘩をふっかけてしまう

パートナーの態度がちょっと良くなくて、自分がパートナーから愛されているかどうかについて不安を感じてしまうようなときに、ついつい喧嘩をふっかけてしまう、といったことが多い方はおられるでしょうか? 喧嘩を …

嫌いな人の対処の仕方

嫌いという感情は、自分の心の中に嫌いスイッチのようなものがあって、誰かの言動によってその嫌いスイッチが押されたときに、その人のことを嫌いになる、といった感じになっています。   ある意味では …

周囲に気を使いすぎて疲れてしまったとき

  人付き合いの時に周囲に気を使いすぎて疲れてしまうようなことはあるでしょうか? 気の合う人同士との付き合いであれば、疲れるようなこともないかもしれませんが、あまり馴染めていない環境だったり …

人を試すようなことをしてしまう

パートナーや友達など好きな人を試すようなことをしたことはあるでしょうか? 不安を感じることから人の気持ちを確認したくなったり、あるいは、好奇心みたいなもので「こういうとき、この人はどうするのだろう?」 …

マウンティングしてくる相手

自分が言ったことを否定されたり、意見をかぶせるようなことを言われるとちょっと嫌な気分になりやすいものですが、自分に対してわりとそういうことをよくしてくる相手がいる場合、その人に対してちょっと思うところ …

わかってもらって当たり前

  自分にとって身近な人や、何か甘えをぶつけ易い相手に対して、わかってくれて当たり前、という気持ちは出てきやすいものかもしれません。 ただ、この気持ちがあるときに、相手がいまいちわかっていな …

価値観の合わない人との付き合い

職場、学校、いろんな人が集まる場所では、様々な価値観を持つ人たちがいるかと思います。自分の価値観と似たものを持っている人もいれば、ちょっと違う価値観を持つ人もいるかもしれません。もしそこで、自分の価値 …

過去の恋愛のトラウマがあって、彼のことを信じきれない

元彼や昔好きだった人との恋愛関連で心が深く傷つくような出来事があって、それがあまりにも痛かった場合、もし、もう一度同じことがあったらどうしよう、という怖れが出てきて、今の彼をなかなか信じることができな …

-人間関係
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめ記事




イライラしてる人との接し方




ぞんざいな扱いをされたときの対処法




ダメな自分が受け入れられないとき




人を試すようなことをしてしまう




体が言うことを聞いてくれないパターン




人から責められる感覚があるときに役立つ心理セルフケア




好きな人を忘れる方法




人に悩みを相談したいけど怖くてなかなかできない時




一人で頑張ってしまいがちな人




人から評価されたくない




信じていた人に裏切られたとき




特別な存在になりたい、という心理の扱い方




ネガティブで嫌なことを言う人




音信不通からの別れを今でも心の中に引きずっている




昔あった嫌なことを思い出してしまう心理