体が言うことを聞いてくれないパターン

投稿日:

がんばりたいのに、体調を崩してしまう、とか、痩せたいのに、ついつい食べ過ぎて体重が増えてしまう、とか、集中したいのに、眠くなる、とか、自分が進みたい方向と、自分の体に起こることがかみ合わないことがあります。気合で乗り切れるときは、それでよいと思いますが、どうしても自分の進みたい方向にいくことができないときもあると思います。

これは自分の中でアクセルとブレーキを同時に踏んでいるような状態です。自分ではアクセルを踏んでいるつもりでも、ブレーキの影響で心の中に葛藤のようなものが生まれ、アクセルとブレーキで力が相殺されて、全く前に進むことができず疲れきってしまう、ということになりがちです。

そのブレーキは無意識でも働きます。自分は意識的にブレーキを踏んでいるつもりがなくても、自動的にブレーキがかかります。多くの場合、そのブレーキは感情だったり感覚的なものとして表面に出てきます。ブレーキが作動すると、ガクッとやる気がなくなったり、体調を崩したり、ということになるので、無意識でも働いているブレーキの存在に気付かないと、そこに自分が振り回される感じになります。こういうときは、自分の中でブレーキを踏んでいる理由に気付くことが大切です。

気合で乗り切ろうとするときは、ある意味では「やりたくない」という怠惰な感じの部分は、意識的に見ないようにするかもしれません。ただ、ブレーキを踏んでいる理由に気付こうとする場合は、あえてそこを見ていく必要があります。

例えば、こんな質問を自分自身に問いかけてみることで、そこを探っていくことができます。
・もし、自分の中に進みたい方向に進まないことで得られるメリットがあるとしたら、何だろう?
・もし、進みたい方向に進んだ時に、何かデメリットや困ることがあるとしたら、何だろう?
このメリット・デメリットのどちらでもいいのですが、そこに自分の心の中にあるブレーキが見えてくることがあります。

普段あんまり意識することのないようなものがその中に隠れていることもあります。怖れ、怠惰さ、未熟さ、弱さ、罪悪感、恥ずかしさ、といったあまり見たくないような部分がそこに出てくるかもしれません。ただ、自分の中でブレーキを踏んでいる理由に気付くことができるとブレーキを手放すことができるようになります。

無意識でも動くブレーキですが、その動力源は自分の思考です。ブレーキを生み出している自分の思考を手放すと、ブレーキの力を弱めることができ、心の中にある葛藤のようなものが解消されていくので、アクセルを踏んで前に進むことができるようになります。

メリット・デメリットが見えてきて、ブレーキのもととなっている自分の思考が見えてきたときに、一旦、本当に自分が進みたい方向はこれでいいのか、ということを
見つめなおしたい気持ちが出てくることもあります。そういうときは、アクセルを踏むことよりも、そちらを優先した方が良いです。どうせ、アクセルを踏んでも、前には進まないという割り切りもありです。

自分の進みたい方向であったり、今後どうしていくのかいいのか、ということであったり、自分の中で整理がついたうえで、それでもそのブレーキのもととなっている思考を手放したい、という想いがあれば、ブレーキを手放す準備ができている状態です。

思考を手放す方法は色々ありますが、単純なのは以下の質問を自分にする、というものです。
①「この思考を手放せますか?」→はい、いいえ、で答える。
②「この思考を手放しますか?」→はい、いいえ、で答える。
③「いつ手放しますか?」→答える。できないなら、できないと答える。
思考を手放せたと思えるまで、①~③を繰り返すというのも効果的です。

ブレーキを手放すには、その存在に気付いて、自分の思考を見つめなおすという行為が大切です。ブレーキがあるということは、ある意味ではそれは体から
「今のまま進んでいくことはあなたにとって良くないよ。」
というサインがでてきている、という状態です。

気温が下がると寒さを感じたり、体に不調があるとそこに痛みを感じたりしますが、寒さを感じることや痛みを感じることには目的があるようなもので、これを感じないと、そこに対応が必要であることに、僕たちは気付くことが難しくなります。ここで体からブレーキのサインがでてきているのも、それと似たようなところがあります。

体から出てきているサインを拾ってあげて、対応が必要であることに気付いて、対応する。体が言うことを聞いてくれないとき、求められているのはそういう部分かもしれません。

気合で乗り切ることが難しい状況のときには、ちょっと気分を変えて、こういったことにトライしてみてくださいませ。

※セドナメソッドについて
「手放せますか?→はい/いいえで答える。手放しますか?→はい/いいえで答える。いつ手放しますか?→答える。」の部分はセドナメソッドを使っています。セドナメソッドについては本も出版されておりますので、興味のある方は読んでみて下さい。

新版 人生を変える一番シンプルな方法―セドナメソッド 

新版 人生を変える一番シンプルな方法―セドナメソッド

  • 作者: ヘイル・ドゥオスキン,安藤理,乾真由美
  • 出版社/メーカー: 主婦の友社
  • 発売日: 2014/02/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

セドナメソッドの公式ホームページは以下のものです。

The Sedona Method | Heal Yourself by Letting Go | Official Site

 

関連記事

期待に応えようとして自分を追い詰めすぎてしまったとき

  仕事上のプレッシャーのようなもの。ある程度はあっても不自然ではないですが、それを強く感じすぎるあまりに、耐えられなくなってしまうようなことはあるでしょうか? ある程度の成果を求められるこ …

完璧主義を手放す

完璧にやる、というのは気持ち良いものです。達成感を感じれますし、できた自分を褒めたくなります。この部分に関しては、周りに文句を言われるはずがない、という気分になり、なんとなくプライドや自信のようなもの …

役割に生きると認められても嬉しくない

  職場や家庭の中などで、自然と自分が受け持つことになる役割があるとします。例えば、母親としての役割だったり、上司や部下としての役割だったり、あるいは、パトナーとしての役割、というものもある …

私は大丈夫って言ってしまう

  本当はいっぱいいっぱいなんだけど、大丈夫って言ってしまう、という癖のようなものを持っておられる方はいらっしゃるでしょうか? 弱いところやダメなところを隠して、本当は限界なんだけど強がって …

罪悪感があると自分の価値を証明したくなる

  罪悪感があるとき、自分の良くない部分を何らかの形で補いたくなることがあります。例えば、自己犠牲的な行為であったり、何か価値があると見られている行為をすることで、自分の価値を証明して、自分 …

一人で頑張ってしまいがちな人

一人で頑張るというのは、ある意味では楽な一面があります。誰かに任せるよりも自分でやった方が状況をコントロールしやすいですし、任せた人がちゃんとできるか、いちいち気にする必要もないです。いつまでに終わっ …

-心の悩み
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめ記事




イライラしてる人との接し方




ぞんざいな扱いをされたときの対処法




ダメな自分が受け入れられないとき




人を試すようなことをしてしまう




体が言うことを聞いてくれないパターン




人から責められる感覚があるときに役立つ心理セルフケア




好きな人を忘れる方法




人に悩みを相談したいけど怖くてなかなかできない時




一人で頑張ってしまいがちな人




人から評価されたくない




信じていた人に裏切られたとき




特別な存在になりたい、という心理の扱い方




ネガティブで嫌なことを言う人




音信不通からの別れを今でも心の中に引きずっている




昔あった嫌なことを思い出してしまう心理