馬鹿にされてる気がするときの心理とその対処方法

投稿日:2023年9月25日      更新日:

馬鹿にされてる気がするとき、心理状態としては自分が誰かを馬鹿にしているのが別の形で返ってきている、もしくは、心の中で自分自身の尊厳に自分で傷をつけている部分を他の人からつつかれている、という2つの可能性があるかもしれません。

【目次】
馬鹿にされてる気がするとき
私自身の話
無限ループ
相手のループとあなたのループ
自分自身のことをどう扱うのか

 

 

馬鹿にされてる気がするとき

私自身は昔、馬鹿にされるのがすごく嫌で、ちょっとしたことでもそう受け取ってしまうというような、過剰反応をしてた時もあるくらいだったのですが、もし、同じような方がおられるのなら、参考になることをお伝えできるかも、なんて思っています。

馬鹿にされるのが好きな人、もしくは、全く気にならない人、というのは流石にいないかもしれません。ただ、周りから馬鹿にされる、という体験がなんだか多いような気がする人の場合、心の中で誰かを馬鹿にしている、もしくは、ダメ出しをしている、という部分がないかチェックしてみたほうが良いかもしれません。

心の中でやっていることは、他の人からは見えなくても、自分自身がそれで損をしている、ということがあります。この、心の中で誰かのことを馬鹿にする、というのもそうです。

 

 

私自身の話

私は、小さい頃、周りから馬鹿にされている、ということに対して、すごく敏感に反応する子供でした。

家族から馬鹿にされているかどうか、とか、友達から馬鹿にされているかどうか、というのを常にチェックしていて、そのセンサーにひっかかるや否や、怒りが爆発する、という感じでした。

その反対に、自分の心の中で周りを馬鹿にするということをやっていました。特に家族に対して、大切にされていないと感じるときほど、家族との間に壁を作り、相手に対して何かダメなところを探して、そこを心の中で見下して批判する、という感じです。

その反対に、相手から自分のダメなところを笑われたり、馬鹿にされてる気がすると、普段自分が心の中でやっていることが、時間差で全部自分に跳ね返ってくるので、ものすごく辛くなるんですね。それがあまりにも辛いので、自己防衛のために怒りがわきあがってくる、という感じでしたが、これは、もともと自分が心の中で誰かをバカにしている、というのが原因でした。

直接馬鹿にしていた相手から、馬鹿にされるというのが自分に返ってくる、というわかりやすい形ではなく、誰かを馬鹿にすると、別の形で、しかも時間差があって、しかも馬鹿にしていた人とは全然関係のない人からそれが自分に返ってきていたので、この因果関係に気づいたのは、心理学を学び始めてからだいぶたった後でした。

 

 

無限ループ

心理学に、投影の法則、というのがあります。自分の心の一部を相手の中に映し出す、というものですが、私が体験したのは、それとはまたちょっと違うパターンのもので、自分が周囲に発信していることが、自分に返ってくる、というものでした。

そのことに気づけなかった私は、自分を馬鹿にしてくる相手を批判し、(つまり心の中で馬鹿にしかえした)、そしてそれがまた時間差をつけて別の形で自分に返ってくる、というのが無限にループするような世界で生きていた、といえるかもしれません。

ただ、その部分を手放していくにしたがって、自分が馬鹿にされている、ということにとらわれなくなっていき、また、上記の因果関係に従って、馬鹿にされてる気がすることもなくなっていきました。

無限ループ。気づけない限り永遠に抜け出せない、なんて考えると、ちょっと怖い気もします。ただ、心理学を学んでいくに従って私が理解できたことなのですが、同じような嫌な体験が繰り返されるようなパターンが人生の中に垣間見える場合には、これと近しい無限ループが発生していることがあります。

といっても、こういう場合には不思議なことに、
「あなたは今おかしな状態に陥っていますよ」
というサインのようなものが何かしらその人の身に必ずやってきます。身近に自分のことを大切にしてくれている人がいる場合は、その人が気づいて、ひとこと物申してくれたり(他人から見た方がよく見えるということは往々にしてあります)、私みたいに心理学を学んでいく過程で得た様々な気づきのなかにそれが含まれていたり、お子さんがいらっしゃる場合は、お子さんに注意していることが自分にそのまんまリターンされてきたり(XXしなさいと注意したら、別のことで自分がXXしていないのに気づいて焦るなど)、そのパターンは様々です。これを無視すると、これまで通りのループがただ回り続けますが、無視せずにそのサインを理解して必要な対処を行えば、ループから必ず抜け出すことができます。

 

 

相手のループとあなたのループ

ただ、馬鹿にされたと感じるときは大抵、相手を変えたい、という衝動が往々にしてやってきます。自分を馬鹿にする相手が間違っているわけですから、間違っていることを発言した相手を修正したくなります。まずは、謝ってもらい、認識を変えてもらい、二度とそんなことを言わないようにしてやりたくなりますが、、、、上記の因果関係からすると、そんなことをしても、あまり効果的ではないです。

相手が自分を馬鹿にした理由。たぶん、相手は相手で別のループに生きています。人を馬鹿にするのなんて、さぞ良い気分がするような気がするかもしれませんが、たぶん、ろくなもんじゃないです。(私が人を馬鹿にするループで苦しんだからこそ、そう思えるだけかもしれませんが。)ただ、それは相手の問題です。

あなたが馬鹿にされた理由。表面的にはあなたに何か身体的な特徴があったり、人と比べると劣っているように見えるところがあったり、センスが悪かったり、仕事に不出来な部分があったりしたのかもしれませんが、本当の理由が、あなたが別の誰かをいつかどこかでバカにしていて、それが自分に返ってきているだけなのだとしたら、馬鹿にされたということの意味あいが全く変わってきます。

 

 

自分自身のことをどう扱うのか

ただ、私はこんな風にも思っています。
「心の中で誰も馬鹿にしていなかったとしても、誰からも馬鹿にされなくなる、という訳ではない。」
馬鹿にすることをやめたとしても、今まで馬鹿にし続けてきたものの残りカスのようなものがあって、それが自分に返ってくることがあります。ここで、相手のことを心の中で見下し返したら、もちろんまた返ってきます。辛いですがやるべきことは非常にシンプルで、手放し続ける、です。

あと、誰も馬鹿にしていなかったとしても、そういう試練のようなものを抱えている場合、心の中で誰も馬鹿にしていないのに自分を下に見る人にちょくちょく出会ってしまう、なんていうケースもあると思っています。そういう場合には、自分が自分のことをどんな風に扱っているか、ということが重要です。誰かから見下されるような扱いをされたことに対して、自分自身の心の中の内面の反応として「は?なーにをいってんだか?」などとどこ吹く風のような、言われたことを完全に気もしないような受け止め方、別の言い方をすると、相手のネガティブな扱いに心の中で同意しないのであれば、そもそもネガティブな感情を感じないです。ただ、そうではない場合、自分自身がその扱いをされるような存在であることに、ある程度は同意した結果、心の中で自分自身の尊厳に自分で傷をつけた、ということを意味します。このあたりの話に関しては、過去記事に書いていますので、興味があれば、こちらをご覧くださいませ。

このパターンの場合にも、間違っていることを発言した相手に対して
「まずは、謝ってもらい、認識を変えてもらい、二度とそんなことを言わないように、、、、」
というのは、意味がないとまでは言わないですが、あまり効果的ではありません。試練のようなものを抱えているのであれば、たとえその誰かを黙らせたとしても、それが一定の効果を発揮して静かな時が続いていたとしても、しばらくすると、また別の誰かが何かを言いだすかもしれません。他人を変えようとするのではなく、自分自身のことをどう扱うのか、ということがもっとも大切です。

 

馬鹿にされてる気がするときの心理とその対処方法を、私なりに掘り下げて書きました。何かしらお役に立つところがあるのなら、幸いです。

関連記事

なめられやすくて損してしまう

ちょっとおとなしい感じの雰囲気で、人から扱いやすいと思われるからか、なぜか、なめられやすくて損をしてしまう、という方はおられるでしょうか? 集団の中でスケープゴートにされたり、攻撃的な人や、意地悪をす …

人からよく攻撃を受けるように感じる時

  人からネガティブなことやきついことを言われて精神的に大きなダメージを受けてしまう、ということが多い方はおられるでしょうか? 割と言われやすい人であったり、何かと敏感に反応してしまって傷つ …

価値観の押しつけをされたときの対処方法

あなたはこうするべきだ、という価値観のようなものを、 押し付けられているように感じたことはあるでしょうか? 自分自身もそうすべきだと思っていることを、相手から言われた場合は、 あっちゃー、言われてしま …

過去に誰かを責めた分だけ、自分自身のことを責めてしまう

    自分のことを心の中で強く責めているとき、同じような内容で、実は他の人のことも責めている、ということがあります。 何か失敗をしてしまったと感じるときや、誰かを傷つけてしまった …

地雷を踏まれてムカついた時

自分の中で地雷のようなものって何かありますでしょうか?そこを突かれると、ぷっちーんときてしまうものだったり、いくら好きな人でもそれをされると許せない気持ちになる、といった感じのものです。恋人や夫婦関係 …

屈辱的な思いを感じたとき

屈辱的な思いを感じた時、相手に対してネガティブな感情を感じるかもしれません。ただ、自分の心理を深く探ると少し違うものの見方もできます。それは、相手がどうであれ、自分が自分に×マークをつけることに同意し …

ネガティブで嫌なことを言う人

なんだか嫌な気分にさせられるような、めんどくさい気分にさせられるような嫌なことを言う人は身近におられるでしょうか?相性がよくなかったり、相手に問題があったり、はたまた、自分に問題があったり、どうしてそ …

ダメ出し

    口にはしないものの、自分以外の誰かのことを、心の中でダメ出しする、というのをしたことはあるでしょうか? 私も経験ありますし、今でもやっちゃうことがありますが、心の中で誰かに …

カテゴリ-心の悩み
タグ-, ,

執筆者:

おすすめ記事




イライラしてる人との接し方




雑に扱われていると感じたらーその対処法と人の心理




馬鹿にされてる気がするときの心理とその対処方法




人を試すようなことをしてしまう




体が言うことを聞かないときの心理とその対処法




責められてる気がするときの心理とその対処法




好きな人を忘れる方法




屈辱的な思いを感じたとき




一人で頑張ってしまいがちな人




人から評価されたくない




信じていた人に裏切られた時




特別な存在になりたい、という心理の扱い方




人から嫌われてるのが辛いとき




どうせ誰にもわかってもらえないという心理を癒やす方法




昔の嫌なことを思い出す心理とその対処法




地雷を踏まれてムカついた時