心鈴泉-心理学とカウンセリング

人間関係、恋愛、仕事の各シーンで使える心理学についての記事を記載しています。

心の悩み

信じていた人に裏切られたとき

更新日:

信じていた人に裏切られたとき

人との信頼関係というのはとても大切なものですが、これが壊されたり、裏切られたと感じるような出来事があった場合、もう一度人を信じるということが怖くなってしまうものかもしれません。そのダメージが深い場合には、裏切りをしてきた相手に対して怒りや恨みを強く抱いたり、周囲の人たちに対して心を固く閉ざしたくなる、といったこともあるかもしれません。

裏切りといっても、いろんな状況があると思います。恋愛関係にあるパートナーからいきなり別れを切り出されて、自分の想いが裏切られた、という人もいるかもしれません。浮気をされて、異性を信じられなくなった、という人もいるかもしれません。友達に約束事を踏みにじられるような裏切りをされて、窮地に立たされた、という人もいるかもしれません。友達や知り合いに何か期待をしていたら、その人がこちらの期待を裏切り、その結果がっかりするような目にあった、という人もいるかもしれません。相手のことを当てにしていた部分が大きいほどに、裏切られたときのダメージは大きくなりやすいと思います。

恋愛関係にあるパートナーから裏切られた場合には、裏切られたということを認めたくなくて、相手を責めずに今の関係性を維持しようとして、それで余計に傷ついてしまう、というパターンもあるかもしれません。

裏切り行為をした相手の不幸を望む気持ちがでてきたとしても、不思議ではないです。自分がどん底の気分を味わったならば、相手には少なくともそれ以上か、もしくは倍以上にひどい目にあってもらわないと気が済まない、という方もおられるかもしれませんね。

人を責める気持ちが出てきているときは、その気持ちを手放した方が自分自身も楽になれる、という法則のようなものはあるのですが、自分が信じていた人に裏切られたときほどそのダメージは大きくなると思いますし、また別の人から裏切りをされることが嫌で、もう人を信じることができなくなってしまう、ということもあるかもしれません。

裏切りを体験したことで、多くのものを失ってしまったように感じられる場合には、途方に暮れて先のことが考えられなくなって、後悔ばかりしてしまうようなこともあると思います。例えば、長い間付き合っている彼氏から別れを切り出されたような場合には、彼氏に使った時間を返してほしいと思うこともあるかもしれません。結婚まで考えていた彼氏に浮気をされて最終的に別れることになった場合には、これからどうしたらいいか、途方にくれることもあるかもしれません。

裏切るくらいなら、裏切られた方がいい、という考え方はあるかもしれません。裏切る相手に問題があるだけで、あなたに問題があるわけでもないのであれば、ここでもし、裏切られたときの心の痛みを過剰に引きずることなく、その裏切りの体験を学びに変えていけるなら、それは素晴らしいこと。

 

人によっては、裏切られた自分が悪い、と思う方もおられるかもしれません。自分に怒りを感じることもあるかもしれませんが、自分をいくら責めていても気がすむことはないかもしれません。何かしらこの裏切りの体験からも学べることがあったのであれば、それは受け取った方が良いです。ただ、裏切られたことから感じる怒りや様々な感情があると思いますので、その心の痛みのケアしていくということをできればやっておいたほうがいいです。

裏切られたときに感じた心の痛み。まずは、裏切りを体験したことで感じた様々なネガティブな感情を自分の中で整理していくというところから、はじめてみてみるのがおすすめです。

 

裏切られたときに感じた自分の感情

裏切られたときに感じた自分の感情

自分が感じている感情に注目するのであれば、まずは裏切りに対しての怒りがあるかもしれません。怒りというのは感情の蓋のようなもの。その怒りの下に隠れている感情を見ていくと、悲しみ、罪悪感、無力感など、怒りの下に自分が感じている心の痛みがあります。そういった自分の心の中にある弱い部分を守るためにでてきているのが、怒り、です。

自分の心の中にある弱さを認めること。強がって自分の心の中にある弱さや心の傷を否定して、裏切りに対して怒りの感情を爆発させる、というのは、怒りで自分の心の痛みを誤魔化すようなものかもしれませんが、それを繰り返していても、ただ腹が立つだけで全然自分の気持ちがおさまることはないかもしれません。

裏切りを感じたときに生まれた心の中にある痛みを癒していくこと。そのためには、この痛みをケアしていくことが求められて来ます。
裏切りへの怒りの下にある、自分が感じている心の痛みにはどんなものがあるのか?
そこをみていくと、いろんな感情があることに気づくことができると思います。まずは自分の中にある弱さや痛みを認めてあげて、そこにどんな感情があるのかを理解すること。

一つの感情を感じていくと、しばらくしたら、別の感情が湧き上がってくる感じになります。感情を感じる→別の感情が出てくる→また別の感情が出てくる、ということをしていくと、幼い頃やずっと昔に感じた古い感情をもう一度感じている、ということに気づくこともできると思います。幼い頃にできた心の中にある古い傷は、様々な感情のルーツとなっているものですが、ここをケアしていくことで、そこに関連する感情も同時にケアしていくことができます。裏切りを感じたときに生まれた苦しみも、その心の痛みのルーツをたどると、その幼い頃にできた古い傷を思い起こさせるものなのであればその部分をケアしていく、というのが心の痛みのケアをするときの鍵になってきます。

幼い頃の心の中にできた罪悪感や、自分自身が無価値であるような感覚を感じていた部分をセルフケアする方法の一つとして「過去に経験した古い感情をケアするためのエクササイズ」(この心鈴泉ブログ内の記事のリンクです)がありますので、参考にしてもらえれば、と思います。

セルフケアをすることで裏切られた痛みや、裏切りに対して報復したいという想いも手放すことができた方が、自分自身が楽になれます。

 

裏切られたときの自分の思考

裏切られたときの自分の思考

もう一つチェックしておいた方が良いポイントがあります。それは自分自身が普段思考していること、です。例えば、彼氏を一途に愛している人に限って、裏切られたり浮気されたりする、といったケースがありますが、こういった良くないパターンが繰り返されているような場合には、特にチェックしておいた方がよいことかもしれません。

自分自身が思考していることは、人生においてどんな体験が自分にまねき寄せられるか、ということと深く関わっており、信じていた人から裏切られた、という手痛い体験をしたのならば、今その思考を見直すタイミングが来たと言えるかもしれません。

思考の中には、意識して思考しているものと、無意識のうちに思考しているものがあります。このうち、無意識のうちにしているもの、というのは、自分の中では当たり前になりすぎていて、普段思考しているというつもりもないようなものですが、この当たり前になっている部分は、普段の立ち居振る舞いや、周囲の人に発している雰囲気にといったものに大きな影響を与えています。見直すことが求められてくるのは、こういう無意識のうちに考えているような、自分の中で当たり前になっているような部分です。

思考を見直すときにヒントとなるようなポイントとしては、以下のようなものがあります。

・裏切り行為をしてきた人との縁
自分の中のどんな部分が、裏切り行為をするような人を引き寄せたと思えるでしょうか?
裏切り行為をしてきた人との縁は、どのような形で始まったものだったでしょうか?

・相手に期待していること
相手に対して、やってくれて当たり前だと思っているものがあったとしたら、何でしょうか?
何か約束をしたわけでもないけれど、なんとなく相手がこうするものだと期待しているけれども、相手側が同じ認識を持っていない場合、期待通りに相手が動くとは限らないです。ただ、そこで何か期待とは違うことをされたときに、あなたにとっては相手から裏切られたと感じることがあります。
期待が裏切られた、というのでよくあるパターンがあるとしたら、それはどんな期待が裏切られたでしょうか?
もしかしたらその期待やあなたにとっての当たり前は、他の人からすると認識がずれやすいものかもしれません。

恋愛でよくありがちなのが、なるべくあなたに良い印象を抱いてもらうためにした相手の行動によって、あなたが相手に過剰な期待をしてしまう、というパターンです。(過剰な期待をさせて人の関心を得るのが上手な人もいらっしゃいます。ある意味、嘘が上手というか、、、。)
もし、期待していた相手からの裏切りを体験したことがあるのなら、自分がどんな期待をしがちなのか、というので、自分自身の思考を見つめ直してみても良いかもしれません。

・自分の価値を低く扱う
本当はやりたくないのに、相手に合わせて犠牲的にふるまっていた部分はなかったでしょうか?
もしそうだとしたら、そうしていたのはなぜでしょうか?
自分自身の価値を低く扱っていると、相手からも低く扱われたり、ぞんざいな扱いを引き出してしまうことがあります。そこから、相手から何か裏切られたと感じるような体験が引き寄せられたのかもしれません。

・先にした裏切り
自分が裏切られたと感じるよりも前に、相手側が先に自分に期待を裏切られたと感じていた、という可能性はないでしょうか?
もしそうだとしたら、なぜそんな期待を相手はしたと思えるでしょうか?

 

思考は自分が感じている感情と密接につながっています。ここでもう一度、感情の話に戻るのですが、自分が相手に対して感じている感情は、今回初めて感じるような感情でしょうか?
それとも、昔似たような感情を感じたことで、何か思い起こされるようなことはないでしょうか?

自分の心の内側で未解決になっている部分は、そこをクリアにするために、あえて再体験されるかのような出来事が引き寄せられる、ということがあります。今回の裏切りの体験は、その自分の中で未解決な部分と向き合うために、試練のように出てきた出来事、ということも往々にしてあります。感情面でもう一歩掘り下げてみることで、裏切りを引き寄せた部分が自分の内側にあるとしたら、それは何か、ということに気付くためのきっかけになることがあります。

 

最後に

信じていた人に裏切られたとき:最後に

信じていた人からの裏切りというのは、非常に辛い体験ですし、現実に大きなダメージを受けるものかもしれません。ただ、そういった辛い裏切りの体験の中には、自分自身の器をぐっと大きくするヒントが眠っています。その辛い時期をただやり過ごすのではなく、その裏切りの体験から何かしら学びを得たいというときに、ここに書いたことを少しでも役立てていただけるなら、幸いです。

 

裏切りを体験して結果としてパートナーと別れることになったけれども、好きだった人のことがなかなか忘れられない、ということもあるかと思います。そのケースに掘り下げた記事を以下に書いていますので、参考にしてもらえればと思います。

-心の悩み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

将来への不安におそわれて何もやる気が起きないとき

ふとしたことがきっかけになって、先のことを考えたときに不安感が出てきて、それが引き金となって、何にもやる気が起きなくなる、ということがあります。不安感が出てきたときに、それがずっと心の中から去ることな …

執着すると望みが遠ざかる

  よく聞く話なのかもしれませんが、自分が本当にほしいものを受け取る、というときに鍵になってくるのは、自分が何を信じているか、という部分です。自分が信じていることは、自分が現実に体験すること …

停滞感があるとき

    何か達成したことがあるとしても、そこに良い方向の変化があまり感じられなくて、 停滞感のようなものを感じることはあるでしょうか? 停滞感があるときというのは、自分自身の内側に …

条件付きの愛情

  条件が満たされたら愛する、とか、気分が良かったり褒められるようなことがあった時だけ愛する、といった条件付きの愛情。無条件の愛情とセットで語られることもあるもので、褒められるようなことをし …

イライラしたときの対処法

イライラするようなことがあったとき、みなさんはどう対処しているでしょうか? 怒りをそのまま出すと、雰囲気が悪くなったり、 相手を不快にさせてしまう結果を招くことを怖れて、 怒りを我慢する、ということも …

おすすめ記事



イライラしてる人との接し方

ぞんざいな扱いをされたときの対処法

好きな人ができた時の初心者向け恋愛心理学

人を試すようなことをしてしまう

親からの愛情が感じられないパターン

人から責められる感覚があるときに役立つ心理セルフケア

好きな人を忘れる方法

後悔を乗り越えていくための4つのステップ

一人で頑張ってしまいがちな人

人から評価されたくない

信じていた人に裏切られたとき

特別な存在になりたい、という気持ちの扱い方

ネガティブで嫌なことを言う人

音信不通からの別れを今でも心の中に引きずっている

昔あった嫌なことを思い出してしまう心理