停滞感があるとき

投稿日:      更新日:

何か達成したことがあるとしても、そこに良い方向の変化があまり感じられなくて、
停滞感のようなものを感じることはあるでしょうか?

停滞感があるときというのは、自分自身の内側に何かしらその停滞感を生み出している要因が隠れていることが多いです。もちろん、結果が出るまでに時間がかかるような場合もありますので、決してあきらめず、良い結果がでるように意識して、自分ができることをやっていく、ということは求められることはあるとは思います。ただ、停滞感を感じているとしたら、それはもしかしたら「あなた自身に変化が求められていますよ」というサインかもしれません。

停滞感を生み出す要因となる、自分の思考を探してみてください。例えば、悪い結果が出ることに不安や焦りがあるかもしれません。願望が実現することに強い執着があるかもしれません。大切な一歩を踏み出すことに対して強い抵抗感があるために行動ができていないのかもしれません。

自分の足を引っ張るような思考や感情があると、良い結果を受け取れる方向に物事が流れていかず、もどかしくなるような状況を生み出しがちです。そのとき自分自身の中にある、停滞感を生み出す思考に気付く、ということが大切です。

気付いたら手放すこと。古い思考を手放して、もっとより良い、自分の望む結果を生み出すような思考を新たに選択していくこと。それが、停滞感の解消につながっていきます。

停滞感があるとき、行動した方が良いとわかっていることがあるのに、なぜか行動できていない、というケースは意外と多いかもしれませんね。やらなければならない、もしくは、やりたいことがあるのに、何かおっくうだったり、重たい腰があがらない、という感じになることはあるでしょうか?

 

 


おっくうに感じているのは、単純に自分の怠慢さから来るもの、という風に思うと、何とか自分を駆り立てようとしてみたり、もしくは、やっぱりやる気が起きないから、今はやめとこう、という風になりやすいかもしれません。ただ、ここで、行動することに抵抗感を感じているのだとしたら、それは何故なのか、に気づくと色々なものがみえてきます。

いつも同じようなことで抵抗を感じていることがあれば、それは自分にとって弱点といえる部分かもしれません。よくよく抵抗のある部分をみていくと、本当はやりたくないことであり、もっと違うことに取り組みたい、という自分の本心に気付くこともあるかもしれません。抵抗を感じていることがあれば、一度、なぜ自分の中でやることに抵抗があるのかについて、一度じっくりと時間をとって見つめてみるのもおすすめです。

コンフォートゾーン、なんていう言葉があります。いつもと同じことの繰り返しは居心地よさもあって、そこに留まっていたい気持ちがわきあがってきやすいものですが、そこから一歩踏み出すとなると、怖れを感じやすいものです。私自身、新しいことをするのに抵抗感や怖れを感じることがあります。ただ、そのことに気づくことができると、じゃあ、その抵抗感や怖れに対してどうしていくか、ということを主体的に選択することができるようになります。

 

 



やりたいことがあるのに、なかなか実現しなかったり、やらなければならないことに、いまいちモチベーションがあがらないことがあるとしたら、それは、自分の中に、その抵抗感を作り出す思考が何かしらあります。

例えば、やっても無駄、と思っていたり、成果が出ないに決まっている、という思い込みがあったり、こんなこと自分がやるべきことではない、と思っていたり、など、自分で自分の足を引っ張るような思考、かもしれません。それこそ上に書いたようなコンフォートゾーンを抜け出すことに対する抵抗感、かもしれません。

ただ、その反面、自分を前に進めようとする思考も同時に自分の中にあります。やりたいという気持ちがあったり、そこに意義や意味を見出している部分もあったり今これをやっておくことで、後々良いことになりそう、とか、何か人の役に立てそう、などなど。前に進みたいという思考と、抵抗感のある思考の両方が存在するために、自分の中で葛藤が生まれるために、葛藤を処理するのにエネルギーを奪われてしまうと、ここでモチベーションがガンガン下がる、なんていうこともあります。

この場合、自分の中にある抵抗感を生み出す思考を変えていくことが求められてきます。その思考を手放して、あらたな思考を選択することが出来れば、自分の心の中にある抵抗の部分が和らぎますので、前に進める力の方が勝り、自然とモチベーションがあがります。

私の場合どうしているのか、という具体例はメルマガの方に書きましたが、簡単にいうと、停滞感があるときは、自分の内側にある停滞感を作り出している部分を見つめてみて、行動することへの抵抗感があるようなら、それがどこから来ているのかを見極め、それを作り出している自分の思考に気付き、その思考を手放して、新しい思考を選択する、という感じです。

停滞感があるとき、その自分自身を見つめること自体を非常にめんどくさい、と感じるかもしれませんが、やってみて、新しい思考を選択する、ということができたときは、受け取れる成果も大きいものです。

もしよければ、一度試してみてくださいませ。

 

関連記事

過去の傷跡を自分の勲章のようにする

  昔体験した辛いことや傷ついたことについて、自分の中でその部分をあえて大切にしている、といったようなことはあるでしょうか? 何を言っているのかというと、、、、例えば、ベテラン社員が新人に過 …

罪悪感と許しの心理学

許せない誰かがいるけれども、本当は許したほうがいいのかもしれないけれども、絶対に許せない、という人はいるでしょうか? 人を許す、といっても、その人のしでかした行為をOKにする、というのは少し違うかもし …

心の底から憎い人がいる

憎しみという感情は、よっぽどのことがないと感じない感情かもしれません。恋愛で、職場で、あるいはそのほか様々な人間関係の中で、心の底から憎いと感じるレベルになることも、ときとしてあることかもしれません。 …

ダメ出し

    口にはしないものの、自分以外の誰かのことを、心の中でダメ出しする、というのをしたことはあるでしょうか? 私も経験ありますし、今でもやっちゃうことがありますが、心の中で誰かに …

無気力を手放す

  絶望に浸っていると、無気力になりやすくなります。特定の1つのことに対して無気力になるだけではなく、大部分のことに対して意欲的ではなくなる、という感じになりやすいです。 本当にほしいものを …

-心の悩み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめ記事




イライラしてる人との接し方




ぞんざいな扱いをされたときの対処法




ダメな自分が受け入れられないとき




人を試すようなことをしてしまう




体が言うことを聞いてくれないパターン




人から責められる感覚があるときに役立つ心理セルフケア




好きな人を忘れる方法




人に悩みを相談したいけど怖くてなかなかできない時




一人で頑張ってしまいがちな人




人から評価されたくない




信じていた人に裏切られたとき




特別な存在になりたい、という心理の扱い方




ネガティブで嫌なことを言う人




音信不通からの別れを今でも心の中に引きずっている




昔あった嫌なことを思い出してしまう心理