主体的にさぼる

投稿日:

 

さぼる、という言葉にはどういう印象があるでしょうか?

怠け者、自分に甘い、楽をしている、ずるい、など、どちらかというと良くないイメージがあるという人もいれば、楽そう、辛くなさそう、そういう部分も必要、など、ネガティブではない印象を持つ人もいるかもしれません。

何事もバランスが大切なのかもしれませんが、自分を追い込みがちな人にとっては、ある意味、さぼる、という部分もときに求められるかもしれません。

仕事を真面目にするというのはとても価値の高いこと、と私は思っています。良い仕事をするためには、ただ真面目にするだけではなく、ときに自分を追い込むといったことも、求められるかもしれません。

ただ、それらはあくまで何かを達成するための手段ややり方であって、目的そのものではないかもしれません。やりすぎて心身を病んでしまったり、他のことがなおざりになってしまったりすると、気がついたら本当に大切なことや、本来の目的を忘れて、ただ愚直に目の前の仕事に没頭することだけを大切にしてしまっていた、なんてこともあるかもしれません。

メリハリをつけるということ。仕事をばりばりこなしていく、という部分と、時に力を抜く、という部分の両面があって、仕事面におけるアクセルとブレーキのバランスが取れます。心身を休める、という要素もないと、長い目で見たときに全体的なパフォーマンスが低下している、なんていうことになったりします。

 

 

ただ、自分を追い込みがちな人だったり、真面目な人というのは、この、休む、というのが苦手だったりします。何か罪悪感のようなものがあって、休むことに抵抗感が出てしまい、限界が来るまでアクセルを踏み続けてしまいがち、になってしまうことがあります。

環境が変わって、忙しかったりプレッシャーがとても強かったりするような状況になったときも、メリハリは大切です。それほど負荷が高くない状況であれば、アクセルを踏みがちな傾向があっても、なんとかなりますが、負荷が高くなりがちな環境に置かれたときに、そういう傾向がある人は、心身になかなか抜けないダメージのようなものを蓄積させてしまうことがあります。

真面目な人ほど、休むということを自分自身に許可してあげる、ということが大切です。これは休暇をとる、という意味だけではなく、疲れがたまっているように感じるなら早めに帰る、とか、少し仕事のペースを落とす、とか、全部自分でやろうとするのではなく他の人に任せられる仕事を切り出す、とか、休憩時間に仕事をする癖をやめてみる、とか、きつい仕事を率先して取りに行く癖をやめてみる、など、自分に負荷がかかりすぎないようにバランスをとる、ということも含めてます。

他の人がやっていても気にならないとしても、いざそれを自分がするとなると、気がひけるような感じがするでしょうか?
ずるいとまではいかなくとも、まだ頑張れるのに全力を出し切っていないような感じがするでしょうか?

まだまだ余力があるように感じていたり、やりたい気持ちがあったり、全力を注ぐことを意識的に選択している感じであれば、アクセル全開、で何も問題はないと思いますし、そういうときは、私もそうしています。ただ、何か疲労感や辛さやストレスがあったり、やりたいというよりも、やらなければならない気持ちでやっていたり、主体的というよりも、どこか状況に流されていて、仕方なく頑張らなきゃいけない感じでやっていることが続いているようであれば、メリハリをつける、ということをちょっと意識した方が良いかもしれせん。

 

 

思考停止して、盲目的に目の前にあるものだけに意識を集中させるのではなく、肩の力を抜いて、そもそも何のためにアクセルを踏む必要があるのかを考えてみること。

例えば、「今は休むことができないからとりあえず頑張る」、という感じだと、罪悪感や義務感、あるいは、危機感のようなものでアクセルを踏み続けているかもしれません。それは望んでやっているというより、やらされている仕事、というのに近いかもしれません。それは、忙しい状況に支配されている状態であり、やりたくもない仕事を無理やりやらされている被害者のような感覚が出てくるかもしれません。

仕事の負荷がきついときほど、自分自身に休むことを許可する、ということを意識することがとても大切です。罪悪感があるとしたら、自分が休むということに自分なりに意味を持たせてあげてみて下さい。これは一つの考え方ですが、ある意味では、休むことも仕事の一つです。

もし、慢性的にストレスがたまっているかのような状況が続いているとしたら、ちょっと今の状況を客観的にひいてみてみても良いかもしれません。

例えば、自分が本当に欲しいものが何で、その目的に集中するとしたら、今自分はアクセルを踏むべきか、それとも、ブレーキを踏むべきか、あるいは、ギブアップするべきか、を考えてみてもよいかもしれません。

主体的にそういった選択ができないと、ある意味では、自分の人生のハンドルを誰かに預けているような状態になってしまうこともあります。自分なりの基準と照らし合わせて、今どういう選択をしていくのかを、主体的に考えてみること。さぼる、というのも、その中で出てくる一つの選択肢かもしれない、なんて思っています。

 

関連記事

誰にでもできる執着を手放すイメージワークのやり方

自分の中で何か行き詰りのようなものを感じているときに、自分の心の中にある執着を手放す、というのはとても効果的です。 例えばよくあるケースとしては、失恋から立ち直りたいときに、相手に対してまだ残っている …

思い通りにならない現実、という罠

思い通りにしたいけれども、なかなか思い通りにならなくて、 イライラすること、というのはあるでしょうか? それがすぐ解決できるような内容なら、イライラを感じるのも一時的なものなので、 それほど気にするこ …

環境の変化が苦痛に感じられるとき

身の回りの環境に変化が訪れるとき、そこに新鮮さやチャレンジしていくような要素を感じることで、楽しさだったり、ワクワク感といったプラスの面を受け取ることもあれば、不慣れな環境に自らを合わせていくに疲れた …

不安があって考えすぎてしまう

必要以上に悩み事についてあれこれと考え過ぎてしまう、ということはあるでしょうか?同じことがぐるぐると頭の中で回り続けるだけで全然考えがまとまらなかったり、考えても仕方ないことを延々と考え続けていたり、 …

心が傷ついたときに始まる誰かへの攻撃

    誰かに心を傷つけられた、と感じるような体験。誰しもが経験するようなことかもしれませんが、ちょっと変わったものの見方として、心の傷は自分でつける、というものがあります。何を言 …

-心の悩み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


おすすめ記事




イライラしてる人との接し方




ぞんざいな扱いをされたときの対処法




ダメな自分が受け入れられないとき




人を試すようなことをしてしまう




体が言うことを聞いてくれないパターン




人から責められる感覚があるときに役立つ心理セルフケア




好きな人を忘れる方法




人に悩みを相談したいけど怖くてなかなかできない時




一人で頑張ってしまいがちな人




人から評価されたくない




信じていた人に裏切られたとき




特別な存在になりたい、という心理の扱い方




ネガティブで嫌なことを言う人




音信不通からの別れを今でも心の中に引きずっている




昔あった嫌なことを思い出してしまう心理