心鈴泉-心理学とカウンセリング

人間関係、恋愛、仕事の各シーンで使える心理学についての記事を記載しています。

心の悩み

自分のやりたいことが何も出てこなさすぎて困るときの対処法

投稿日:

やりたいことと言われて特に何も出てこなかったり、好きなものがなかったり、というときに、自分がどこに向かえばいいのかわからない、という感じになることがあります。何か行き詰まりを感じた時や、自分が進む方向を考えることが求められてきた時に、
「じゃあ、自分のやりたいことって何だろう?」
なんて改めて考えてみたときに、何も出てこなさすぎて困る、といった感じのものです。

やりたいことは脇に置いておくとして、こうでありたい自分、というのでいくと、何かしらイメージは湧いてくるでしょうか?
ありたい自分の姿が何となくでもあるのなら、やりたいこと、というのは、そのありたい自分の姿で近づくための手段、という風に考えてみると良いかもしれません。

やりたいことがある、というのは、そのやりたいことをやっている自分の姿をイメージした時に、「あ、それいいな」と思える、というのがあると思います。まずは色々やってみるという手段がありますが、それは、まずは1回でもやってみないと、それが自分にとって本当に面白いのかどうかはわかんないよね、ということですが、何をすると自分が満足感を得られるのかがわからないと、何かしらやっている自分を頭の中で想像してみても「あ、それいいな」とはなかなか思えない、という一面があります。

自分のやりたいことが何も出てこないとき、この、何があったら自分が満足感を感じられるのか、充足感を感じられるのか、あるいは、どういったものがあると自分は楽しいと感じるのか、といった自分自身の心の動きを理解する、ということがカギになってきます。そこが弱い場合、やりたいことを色々と想像してみて、実際に自分がそれをやっている状況を頭の中で思い描いた時に「あ、これいいな」と思えるというより、「うーん、いまいち、、、」と思ってしまいやすくなります。満足感を感じれる、ということを想像できないからです。そうすると結論として、自分のやりたいことがない、になるのですが、それは見方を変えると、まだ自分自身のことを研究する余地がある、と言えます。

 

ありたい自分の姿をイメージしてみること。人間関係はどんな感じがちょうど良くて、環境はどんな感じがベストで、自分がそこで感じる感情はどんな感じのものが良くて、などなど、どんな感じだと満足感や充足感、あるいは、楽しさを感じられるか、ということを想像してみると、どんなものが出てくるでしょうか?

自分にできることや得意なこと、あるいは、ある程度なら経験のあること、といったことに思いを巡らせてみると、地に足をつけて現実をみるような感じに近くなってくると思いますが、やりたいこと、というのは、ありたい自分と、今現在の自分にできること、との間の架け橋になるようなものかもしれません。大切なのは、唯一無二のやりたきこと、あるいは、死ぬほど熱中できること、というのを探すというよりも、あなたが好きなことをしているという感覚になれるとしたら、何が必要でしょうか?、という部分です。

不得意なことよりも、得意なことの方が、ありたい自分に近づくための可能性が広いです。例えば、自分で自分のことを認める、という部分や、人から認めてもらっている、という部分が、「ありたい自分」の要素としてある場合、得意なことで活躍できた方が「ありたい自分」に近づきやすいかもしれません。もちろんそれが全てではなく、たとえ不得意なことでも好きだと思えることがあって、それに熱意を持つということは、素晴らしいことです。ただ、もしまだやりたいことが不明瞭なのであれば、不得意なことから探すというより、得意なことや、ある程度経験のある部分から伸ばしていく、ということで受け取れるものもあります。

あえて不得意なものや、まだ経験したことがないものから探すのであれば、幅広く色々とやった方がいいかもしれませんが、一度やってみていまいちな感覚を感じたのなら、そこでズルズルと続けるというのは、あんまりおすすめしないです。人間関係がそこにできると、やめるということに周囲からの抵抗があるかもしれませんが、ここで伸ばしたいのは、楽しむということや、満足感や充足感をどんなときに自分自身が感じるのかを知る、ということなので、いまいちだなと思ったら、さっとやめた方がベターかもしれません。(いまいちだと思ってるのに人間関係もあるのでズルズルと続けてひたすらに空回りした経験が私には多々ありますが、おすすめできないです。そこで学べたことはたくさんありましたので、後悔はしてないです。)

 

楽しいと思えることをすること。満足感を感じられることをすること。そういったことと、好きなことをする、ということや、やりたいことをやる、ということは密接に繋がっています。どんな自分でありたいか、ということも、そことある程度繋がっています。そのために、自分自身を知る、ということ。自分のやりたいことが何もない、というときは、そのあたりを掘り下げてみるのがおすすめです。

得意なことって何でしょうか?
得意なことでもあんまりやりたくないことであれば、そこは掘り下げない方がいいですが、自分の得意なことから、好きな要素を見つけたり、楽しめる要素を見出す、というアプローチもあって良いと思います。(といっても、無理やり好きになる必要はないですが。)
自分は大したことないと思っていても、人からみた時に価値をみてもらえるような体験があった場合は、そこに自分の可能性を見出してみても良いかもしれません。

 

もう一つ覚えておいておいて欲しいポイントがあるのですが、それは自分で自分の可能性を狭めてしまう、という部分です。
「私にはこれは似合わない。」
「私にはこれはできない。」
と自分で自分の価値を低く扱っているような部分があると、本当はやりたい気持ちがあったり、本当はそこに満足感を感じられるようなマインドが潜在的には自分の心の中にあるのに、無意識のうちにそこから目を背けてしまうような心理が働いてしまうことがあります。

やりたいことが見つからないとき、どちらかというと、自分自身のことを低く扱うような傾向があったり、自分のことを無価値であるかのように感じやすい方の場合、自己否定から自分自身の可能性を絞ってしまっている可能性があります。

自分のことをあまり好きじゃなくて、自分で自分のことをあまり認めるようなことがない、という方向けの記事を以下に書いていますので、もし何かしら思い当たるところがあるのなら、読んでみてくださいませ。

 

自分のやりたいことが何も出てこなさすぎて困るときの対処法、について私なりに書いてみました。ここに書いたことで、何かしら参考になるところがあるのなら、幸いです。

-心の悩み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

欠乏感があると満たされにくくなる

  自分で書いといてなんですが、今回の記事はなんだかちょっと嫌な感じのするタイトル、かもしれません。 欠乏感が強ければ強いほど、その欲しいものがどうしても必要だと感じて、まるでそのことに強く …

理不尽なことを言われて嫌な気分になったときの感情の扱い方

理不尽なことを言ってくる人、周りにいらっしゃるでしょうか?職場にいたり、家庭内にいたり、ときに周りみんな全部そんな人ばかり、なんていう過酷な状況もあるかもしれません。言われた後もしばらくその嫌な感情を …

誰にでもできる執着を手放すイメージワークのやり方

自分の中で何か行き詰りのようなものを感じているときに、自分の心の中にある執着を手放す、というのはとても効果的です。 例えばよくあるケースとしては、失恋から立ち直りたいときに、相手に対してまだ残っている …

体が言うことを聞いてくれないパターン

がんばりたいのに、体調を崩してしまう、とか、痩せたいのに、ついつい食べ過ぎて体重が増えてしまう、とか、集中したいのに、眠くなる、とか、自分が進みたい方向と、自分の体に起こることがかみ合わないことがあり …

休日の無気力

休日はどんな過ごし方をされているでしょうか? 家族や恋人や友人との時間を大切にされていたり、特定の趣味や打ち込んでいるものに費やしたり、その大切な時間の使い方は人によって様々だと思います。平日は仕事で …

おすすめ記事



イライラしてる人との接し方



ぞんざいな扱いをされたときの対処法



好きな人ができた時の初心者向け恋愛心理学



人を試すようなことをしてしまう



親からの愛情が感じられないパターン



人から責められる感覚があるときに役立つ心理セルフケア



好きな人を忘れる方法



後悔を乗り越えていくための4つのステップ



一人で頑張ってしまいがちな人



人から評価されたくない



信じていた人に裏切られたとき



特別な存在になりたい、という気持ちの扱い方



ネガティブで嫌なことを言う人



音信不通からの別れを今でも心の中に引きずっている



昔あった嫌なことを思い出してしまう心理