心鈴泉-心理学とカウンセリング

人間関係、恋愛、仕事の各シーンで使える心理学についての記事を記載しています。

心の悩み

どちらかを選ばないといけないけど、どうしたらいいの?

投稿日:

自分の前に欲しいものが2つあって、その両方を手に入れることができないように思える時に、どちらを選んだらいいのかわからない、といった迷いのようなものが生まれることがあります。どちらも諦めるのも、もったいないと思えるような状況であれば、なおさらそういった迷いも強くなるものかもしれません。

人生の分岐点で重要な選択を求められてくるような時にも、こういった迷いが生まれることがあります。
どちらを選ぶのが正解なのか?
片方を選んだとして、それで本当に上手くいくのか?
そんな疑問や不安が出てくると、余計に選べなくなるものかもしれません。

ここで一番大切なのは、自分がどうしたいか、です。正解があるわけではなく、どちらかの方がお得というわけでもなく、自分がどうしたいか、ということが前へと進むための道しるべになります。

本当に欲しいものは何でしょうか?
本当に欲しいものを手にするために自分はどうしたいでしょうか?
これは、どちらかを選ばないといけない、という状況に思える時に、自分の気持ちを確かめる時の重要な観点の一つです。不安や怖れが強いと、そういう部分が見えにくくなるかもしれません。自分自身に、本当に欲しいものはなんだろうか、とか、自分はどうしたいだろうか、と問いかけてみて、直感で即答してみることで、そういう部分も見えやすくすることもできます。

自分がどうしたいのかを見ていくと、どちらかを選ぶ、という以外の選択肢も見えてきます。例えば、両方とも選ぶ、という選択もあるかもしれません。その場合、最初に両方は選べないと思ったその理由の裏側にある、こだわりだったり、思い込みだったり、怖れの部分を手放すことが求められてくるかもしれません。両方とも手放す、という選択もあるかもしれません。本当に欲しいものが何かということを考えた時に、妥協としての選択肢が2つ見えているだけで、どちらもイマイチだと本当は思っているということもあるかもしれません。自分自身、本当はどうしたいだろうかという部分が、どうしたらいいの?、に対して答えを出していく時の一番の基準になります。

例えばもし、どちらか片方を諦めるという選択をするのであれば、ただ、諦めるのではなく、その向こう側にある、なぜそれが欲しかったのか、という自分の気持ちの部分を見つめてみても良いかもしれません。諦めるものは、本当に欲しかったものというよりも、本当にたどり着きたい場所にいくためのただの手段だったとしたら、他の手段でそこにたどり着けれれば、それは諦めたというよりも、ただ、手段を変えることが求められるだけです。手段を変えて、一旦は手放したそのもう片方のその部分を受け取ることも模索して見ても良いかもしれません。

何かしらの答えを自分なりに出して、何らかの選択をしたら、そこに自分の力を100%注ぎ込んでください。どうしたらいいのかを決めたら終わりではなく、そこからが始まりです。自分はこうしたい、と自分が選択したその決断に忠誠を誓って、その道のりを進んでいくことに100%の力を注ぎ込んでください。

一番苦しいのは、やりたくないという想いだったり、怖れや不安だったり、迷いを心に抱えているために、100%の力を前に進むことに注ぎ込めず、一歩も前に進めない状態になっているときです。この時、何もしていなくても自分の心の中では、前に進んでいこうとする力と、自分を押しとどめようとする力がぶつかり合うので、心はすごく疲弊します。結果が何も出ないことから、自分の力をとても小さく感じますし、力が小さいために思い通りにならないことがたくさん出てくることから、すごく不自由な感覚も出てきます。

100%の力を注ぎ込んで、本気で前に進むことに注力した時、分散していた自分の力の方向を1つにすることができ、葛藤があるために生まれていたこの不自由さから自分自身を解き放ってあげることができます。やるべきことと、やりたきことが自分の中で一致している状態を作り出すことができ、心地よく行動でき、心地よく前に進んでいく感覚を受け取ることができます。

大切なことは、どちらか片方を切り捨てるということではなく、自分の力を100%集中させるということです。ああでもない、こうでもない、と分散していた自分の心の力を統合して、一つの方向に向けた時に感じる自由さをそこで受け取ってください。

一つの方向に自分の力を100%集中できた時に、道が開かれていきます。そこでいろんな課題と直面することもあるかもしれませんが、それらをクリアしていくためにも、自分の力をそこに集中させるということがとても重要になってきます。

課題をクリアしていくことで、自分の成長を受け取ることができたり、前に進んでいく感覚が出てくることから達成感が何かしら出て来たり、など、そこでは今まで受け取れてこなかったものも受け取れる部分が出て来ます。そのためにも、最初の方に書いた、自分がどうしたいのか、という部分を決めて、選択する、ということが大切です。その部分がないと、100%の力を注ぎ込む、という次の本当に大切なステップに進めないです。自分はどうしたいのか、に反することに力を入れることは相当困難ですし、選択していない状態では、どこに力を注ぎ込めば良いか自分でもわからなくなります。

どちらかを選ばなければならないけど、決めきれないような時のことについて、今回は描いて見ました。自分はどうしたいのか、ということを自分自身に問いかけた時に、なかなか答えが出なかったり、そこで答えが何かしらあったとしても、踏ん切りがつかないために、選択するまでに時間がかかることもあるかもしれませんが、それは、自分自身を見つめることが今求められている、と言えるときかもしれません。

 

-心の悩み

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

停滞感があるとき

    何か達成したことがあるとしても、そこに良い方向の変化があまり感じられなくて、 停滞感のようなものを感じることはあるでしょうか? 停滞感があるときというのは、自分自身の内側に …

昔あった嫌なことを思い出してしまう心理

    子供の頃の嫌な思い出、信頼していた人に言われて傷ついた言葉、会社で受けた嫌がらせのようなものなど、昔あった嫌なことをふとしたときに思い出してしまって、なんだかネガティブな気 …

一人で頑張ってしまいがちな人

一人で頑張るというのは、ある意味では楽な一面があります。誰かに任せるよりも自分でやった方が状況をコントロールしやすいですし、任せた人がちゃんとできるか、いちいち気にする必要もないです。いつまでに終わっ …

後悔を乗り越えていくための4つのステップ

心の中に後悔があると、自分でもよくないと思っていても、後悔していることにどうしても意識が持っていかれてしまって、気持ち的に前を向きにくくなったり、目の前のことに対して気持ちが向かなかったりすることがあ …

屈辱的だと感じていること

  屈辱感を感じることがあるとしたら、それはとても辛い体験かと思います。特定の誰か、あるいは、周り全員からネガティブな言葉を言われたり、そういった扱いを受けるといった感じかもしれませんし、身 …

おすすめ記事



イライラしている人との接し方

ぞんざいに扱われているように感じるとき

好きな人ができたときに知っておいてほしいこと

人の気持ちを試すようなことをしてしまう

親からの愛情が感じられないパターン

頑張っているのに人から責められてしまう

好きな人を忘れる方法

後悔を乗り越えていくための4つのステップ

パートナーに強く執着してしまう

人から評価されたくない

信じていた人に裏切られたとき

特別な存在になりたい、という気持ちの扱い方

ネガティブなことをよく言ってくる人

音信不通からの別れを今でも心の中に引きずっている

好意を持たれるのが気持ち悪く感じる時