心理学
自分自身に約束する
何か目標を立てて、意気込んで始めたことも、 気持ちがあるのは最初だけで、それを続けることができない、 ということはないでしょうか?
目的や理由があってやめるのは構わないと思います。 ただ、自分自身でやろうと決めたことが、 意思の弱さ、ということで続けられないのだとしたら、 そこを変えていくことができます。
ここでは、自分自身に約束する、ということが 大切になってきます。
なんとなく、できたらいいな、という状態で目標を立てたとしたら、 ちょっと困難なことがあったり、 気分が乗らないようなときに、やめてしまう気がしませんか?
目標を立てたときに、続けられたらいいな、ではなく、 自分が続けるということを、自分自身に固く約束する、 ということが必要です。
続けられなかったとしたら、 それは、自分がした約束をやぶった、ということになります。 誰にも迷惑はかけないかもしれませんが、 約束を破った、ということは、誰より自分自身が自覚します。
忘れっぽい、というところがあるのだとしたら、 ツールとして、目標を目に付くところに書いておいたりする、 という方法も、有効だと思います。
朝、目が覚めたときや、夜寝る前に必ず目標を暗誦する、 という方法のも、忘れないために有効だと思います。
ただ、一番重要なのは、自分自身に約束をする、ということです。 自分自身が約束したことに関して、守る意思がないのであれば、 いくら目に付くところに目標を書いておいても、 朝晩に暗誦したとしても、意味はありません。
目標が続けられないことが、問題だと思っているなら、 上記に書いたことを試してみる絶好のチャンスです。 目標を続けることを、自分自身に固く約束してみてください。
ただ、もし、仮に守れなかった状況になった場合には、 もう一度、自分自身に約束しなおしてください。 最初に約束したときよりも固く約束することができれば、 その失敗体験は、目標を続けるための、何よりの糧になります。
 
心理学コンテンツを読んで、カウンセリングに興味を持った方へ
心鈴泉のカウンセリングでは、 あなたが今よりもワンランク上の人生に進むためのポイントとなる心理面の課題を明確にしていき、 その課題を乗り越えるための、心のサポートを展開します。 課題を乗り越えることができれば、あなたの前に新しい人生の道のりが開けてきます。
そこで、自分自身が輝きを取り戻していくことを、ぜひ身をもって体験してもらいたい、と思っています。
 
他の心理学コンテンツも読みたいと思った方へ
心理学コンテンツのトップページに、記事一覧を記載しています。
カウンセリングの中で良く出てくる内容や、普段の生活の中で出てくる心の動きについて、 心理学の話などを交えながら書いていますので、よろしければ、心理学コンテンツのトップページに戻り、 一覧の中から読みたい記事をクリックして見てみてください。
_
Copyright(c) 2010 心鈴泉 All Rights Reserved.
本サイト(心理カウンセリング - 心鈴泉)に記載された全ての情報に関して、無断で引用、または、転載されることを固くお断り致します。