心理学
心の中にあるパターン
カウンセリングを進めていく中で、 その人自身の課題や、行き詰っているところについて 話を聞いていくときに、 その人の親についての話になることがあります。
小さな頃、私達は親との関わりの中でいろんなことを学び、 いつしか、それらを自分自身のものとして、 自分の中で定着させていきます。 そして、親子関係の中で、 私達は心の中に様々なパターンを作っていきます。
親のやっていることを真似したり、 反面教師として全く別なことをしたり、いろんなケースがあります。 例えば、親の怒りっぽいところを見て、 自分が怒ることを禁止してしまう人や、 親が我慢ばかりしているのを見て、 自分はもっと自由に生きたいと思う人もいます。
親子関係ではいろんなパターンが心の中に作られていきますが、 これが、後々に問題になってくることがあります。
例えば、上からものを言われるということに、 他の人よりも過敏に反応する人がいます。 そういう言葉を軽く聞き流せなかったり、 そういうことを言う人が苦手になったりする人がいます。 これは、親との関係の中で、 同様に上からものを言われるような経験をしていて、 それが、その人にとってとても辛い体験になっていた可能性があります。
もちろん、それはそうと決めつけれるものではなく、 その人の話をじっくり聴いて見ないとわからないのですが、 父親、もしくは、母親からそういうことをよく言われていた、 ということがカウンセリングの話の中で出てくることがあります。
他にも、例えば、幼い頃、親から怒りによって、 自分のすることをコントロールされてきた人の場合、 親を見て学んだ、怒りで人をコントロールする、というパターンを その人自身も持ってしまうことがあります。
そして、自分が大人になってから、 自分の恋人や伴侶を自分の思うように動かしたくなって、 怒りをぶつけてしまい、それでパートナーとの関係が 上手くいかなくなることもあります。
他にもいろんなケースがあると思いますが、 心の中にパターンができてしまっているので、 これは自分でも良くないことだとわかっていても、 やめにくいことが多いです。
カウンセリングの中で、 その人が自分の心の中にあるパターンに気付いたとき、 自分のパターンを変えたい、という話になることがあります。 それによって、現在抱えている問題の解決に つながることがあるためです。
自分のパターンを変えるには、 様々なアプローチ・方法があるかと思います。 ケース・バイ・ケースなのですが、 その一つとして、心の中で親と向き合う、 ということが求められることがあります。
それは、親を心の中で批判しても、 自分を変えることは難しい、ということが多いためです。 親を批判すると、それは、回りまわって、 自分自身を批判することにつながり、 自分自身をダメな人間のように感じることがあるのですが、 そこから自分の成長を止める感情が表に出てくることがあります。
それは、罪悪感、という感情です。 それに浸ってしまうと、物事を前に進める意欲が失われていきます。 自分のすることが、いい結果を生み出していく、 という信頼のエネルギーが成長には必要なのですが、 罪悪感はそれを奪っていきます。
その場合、心の中で親と向き合ったとき、 親を理解して受け入れる、ということが、 自分の中にあるパターンを変えるためには、必要かもしれません。
自分の中にあるパターンを変えるためには、自分自身を受け入れる、 というのが求められてきます。 その準備として、親を受け入れることも求められてきます。
なぜなら、親のことを心の中で裁いたままの状態だと、 自分自身が親と同じことや、 それに関係しているようなことをしている場合、 親だけでなく、自分自身のことも受け入れることが 難しくなってしまうためです。
親も人間なので、不器用な部分があったり、 心の中に痛みがあったり、怖れがあったりします。 だから、そんな自分の弱いところを守るために、 とても酷いことをすることがあります。
親の心の中にもパターンがあり、そのパターンが出たときに、 子の心を傷つけることがあります。 ここで、その人にとって、 心の中で、親のことを理解して受け入れてあげる、 というのが重要になってきます。
親にとって、なぜ、そのパターンが必要だったのか、 どうして、そのパターンに頼ってしまったのか、 親を裁くのではなく、その裏にある、 親の心の痛みを見ることが、理解につながっていきます。
そしてそれは、自分自身にも当てはまります。 自分の心の中にあるパターンの裏側にも、痛みがあります。 自分自身を裁くのではなく、 その痛みの部分を理解して受け入れる、 というのが重要になってきます。
自分の心の中にある痛みに気付いたとしたら、 その痛みを手放すことが求められてきます。
それは、痛みを忘れる、ということではありません。 私達は、過去に体験したのと同じことが 自分にもう一度降りかかってくる、 という怖れに捕われてしまうことがあります。 その怖れを手放す、ということです。
もちろん、心の中にあるパターンがどのようなものか、 というのにもよりますが、 心の中にある痛みから自分を防衛するために、 パターンを使っていた場合は、 その痛みを手放すことが出来れば、 パターンを変えることもできるようになります。
カウンセリングでは、その人が自分の痛みに気付き、 昔は自分を守るために必要だったかもしれないパターンを 変えていけるよう、サポートしていきます。 そして、クライアントの人がどんどん成長していくのを、 見守っていきたいと、 私は考えています。
 
心理学コンテンツを読んで、カウンセリングに興味を持った方へ
心鈴泉のカウンセリングでは、 あなたが今よりもワンランク上の人生に進むためのポイントとなる心理面の課題を明確にしていき、 その課題を乗り越えるための、心のサポートを展開します。 課題を乗り越えることができれば、あなたの前に新しい人生の道のりが開けてきます。
そこで、自分自身が輝きを取り戻していくことを、ぜひ身をもって体験してもらいたい、と思っています。
 
他の心理学コンテンツも読みたいと思った方へ
心理学コンテンツのトップページに、記事一覧を記載しています。
カウンセリングの中で良く出てくる内容や、普段の生活の中で出てくる心の動きについて、 心理学の話などを交えながら書いていますので、よろしければ、心理学コンテンツのトップページに戻り、 一覧の中から読みたい記事をクリックして見てみてください。
_
Copyright(c) 2010 心鈴泉 All Rights Reserved.
本サイト(心理カウンセリング - 心鈴泉)に記載された全ての情報に関して、無断で引用、または、転載されることを固くお断り致します。