心理学
コンプレックスについて
コンプレックスは、劣等感、とも言いますが、 カウンセリングの中で、この劣等感という感情が 話に出てくることがあります。
自分は勉強が人よりできない、とか、 周りと比べて容姿が劣っている、とか、 自分は人より魅力が劣っている、とか、 仕事ができない、とか、様々なものがあると思います。 その想いで苦しむ人もいれば、中にはそれをバネにして、 自分を磨こうとする人もいると思います。
劣等感が強いと、特定のことに過剰に反応したり、 それが原因で苦手な人ができたりします。 とてもネガティブな感情が出ることもあると思います。
そのことで人からバカにされたり、 人より劣っていることになるのは、 劣等感が強い人ほど、耐えられないと思います。 そのため、自分を守ろうとして、 人に隙を見せないようにする人もいると思います。 ピーンと張り詰めたような感じになるため、 人を寄せ付けにくい雰囲気が出るかもしれません。
劣等感というのは、人と比較して、 自分を低く評価するところから出てきます。 その状態になると、今よりもある程度上にいかない限り、 十分に自分に価値がないように感じるかもしれません。 誰かとの競争に勝たないと、 自分の価値が証明できないように思うかもしれません。
上にいけなかったとき、競争に負けたとき、 競争することから逃げてしまったとき、 心の中で自分にとても厳しい言葉を投げかけたり、 自己嫌悪したりする人もいると思います。 それはまるで、自分自身に罰を与えているような状態です。
劣等感を感じている人は、そうやって自分自身を罰することが、 自分にとって必要だと思っているかもしれません。
それは、とても厳しい生き方です。
もちろん、そういう生き方もあるかもしれませんが、 もし、それが苦しかったり、辛かったりした場合には、 自分を成長させるために、別の道のりを選択することもできます。
それは、劣等感に浸らずに、自分を成長させる生き方です。
成長するために必要なことは、自分にとっての課題に気付き、 それに取り組むことです。 劣等感を使って、自分自身を罰し続けなくても、 課題に気付いて、それに取り組み始めてさえいれば、 それ以上、自分のダメな部分を見つめ続けなくても成長できます。
劣等感に浸り続けて、自分を罰する行為は、 その課題に取り組むためのエネルギーを奪うこともあります。 成長するためにも、劣等感ではなく、自分の課題・目標のほうに 意識を集中する、という選択をすることは、可能です。
これは、ひとつの考え方ですが、 仮に人より劣っているとしても、何も問題はないのかもしれません。
人にはそれぞれに与えられ、 それぞれが選択してきた、人生の道のりがあります。 その人生の道のりを歩むために必要な、 能力、才能、人との縁、環境、そして試練、など、 様々なものがその人に与えられています。
全て、その人にとっては意味があり、 その人にとっての学びと成長があります。 そして、誰の人生が優れているとか、劣っているとかではなく、 その人がどう思い、どう考え、 行動するのかが常に問いかけられているのだと思います。
そんな中、自分と誰かを比較して、 ここが優れている、ここが劣っているというのは、 その人が道のりを歩む上で、 あまり重要なことではないのかもしれません。 歩む道のりが違うのですから、 人と差があっても何も不思議ではありません。
もしかしたら、その人が、誰かよりも劣っているというのは、 その人が人生の道のりを歩む上で、 とても重要なことなのかもしれません。 その意味に気付いたとき、その人にとって、 人生に新しい解釈が生まれるのだと思います。
カウンセリングの中では、 その人が持つ劣等感の話を聞かせてもらう中で、 どんな風にその人が自分自身を扱っているのか、 そして、そこからどんな感情の連鎖がおきていて、 その人が自分自身をどうしていきたいのか、 そこに焦点を当てて、カウンセリングを進めていっています。
そして、その中で、その人が人生の道のりを 少しでも楽に前に進めていけるような サポートを提供していこうと考えています。
 
心理学コンテンツを読んで、カウンセリングに興味を持った方へ
心鈴泉のカウンセリングでは、 あなたが今よりもワンランク上の人生に進むためのポイントとなる心理面の課題を明確にしていき、 その課題を乗り越えるための、心のサポートを展開します。 課題を乗り越えることができれば、あなたの前に新しい人生の道のりが開けてきます。
そこで、自分自身が輝きを取り戻していくことを、ぜひ身をもって体験してもらいたい、と思っています。
 
他の心理学コンテンツも読みたいと思った方へ
心理学コンテンツのトップページに、記事一覧を記載しています。
カウンセリングの中で良く出てくる内容や、普段の生活の中で出てくる心の動きについて、 心理学の話などを交えながら書いていますので、よろしければ、心理学コンテンツのトップページに戻り、 一覧の中から読みたい記事をクリックして見てみてください。
_
Copyright(c) 2010 心鈴泉 All Rights Reserved.
本サイト(心理カウンセリング - 心鈴泉)に記載された全ての情報に関して、無断で引用、または、転載されることを固くお断り致します。